個人スキル

オフェンスリバウンドの戦略【チーム編】

オフェンスリバウンド
Coach K
Coach K
こんにちは!Coach Kです。
指導者A
指導者A
オフェンスリバウンドに関して、なかなかチームで徹底ができなくて・・・
Coach K
Coach K
今回はオフェンスリバウンドの重要性とどうチームとして、オフェンスリバウンドを獲得するかということを解説します!

オフェンスリバウンドの重要性

リバウンドは、基本的にディフェンスが有利な状況に設定をされています。リング側にディフェンス、その外側にオフェンスが位置していることが多く、何度も簡単にオフェンスリバウンドを獲得するということは至難の技です。しかし、獲得するのが難しいからこそ、オフェンスリバウンドの価値は高く、オフェンスリバウンドの回数を増やすこととその可能性を上げることは勝敗へ大きく関わってきます。

単純にオフェンスリバウンドを奪うことができれば、

1回の攻撃回数で2回、3回とシュートを打つことができます

基本的にオフェンスとディフェンスが交互にやってきて、試合トータルでの攻撃回数は大体同じになるといった特性があるバスケットボールにおいて、この差は大きいです。だからこそ、ディフェンス側は絶対にディフェンスリバウンドを死守しなければならないですし、逆にオフェンス少しでも攻撃の回数を増やすための努力をしなければならないということです。

オフェンスリバウンドを狙うメリットとリスク

オフェンスリバウンドを狙うことは大きなメリットをがあることは上で説明した通りです。しかし、闇雲になんでもオフェンスリバウンドに行けばいって仕舞えば、当然リスクが生まれます。なんとなくオフェンスリバウンドに飛び込み、取れずに戻りが遅くなれば、当然次のディフェンスではピンチが生まれます。そこで、チームで戦略的にオフェンスリバウンドに絡むということを考えなければなりません。

オフェンスリバウンドの戦略

Block rebound

ここからはチームとして、オフェンスリバウンドを狙う戦略について、解説をします。オフェンスリバウンドを狙うときは、全員が参加してしまえば、取れたらもちろんチャンスですが、取れなかった場合に、ファストブレイクを出されてしまう可能性があります。そこで基本的には下のように役割を分けて考えます。

  • オフェンスリバウンドに参加 3名
  • ロングリバウンドに備える 1名
  • セーフティ        1名

です。シュートが打たれた瞬間にこのそれぞれの役割に分かれ、何もしないでたているだけの選手は基本的にいません。1つずつ見ていきます。

オフェンスリバウンド 戦略オフェンスリバウンドのコツ

オフェンスリバウンドに参加する3名

リングに近い3名が基本的にオフェンスリバウンドに参加をします。上の図でいう3、4、5の選手です。バスケットゴールの正面を頂点とし、三角形を作るように3人がポジションを取ります。リバウンドの特徴として、

  • 3メートル以内に落ちる
  • 打ってから落ちるまで3秒
  • 逆サイドに落ちることが多い

ということを頭に入れて、ゴールに対しての距離や飛び込むスピードやタイミングを計算します。下の記事で詳しく解説をしています。

リバウンド ボックスアウト
絶対に知っておきたいリバウンドの秘密【ボックスアウトのコツ】選手も指導者も「リバウンドは大切」ということはわかっているもののなかなか徹底できないのが「リバウンド」でもあります。そんなリバウンドを確実に死守するための秘密やコツを、今回は解説します。...

ロングリバウンドに備える

多くのシュートが3メートル以内に落ちますが、リングに対して、鋭角に当たるとロングリバウンドになることがあります。そのため、1人は三角形のポジションからやや離れた位置をとり、ロングリバウンドに備えます。上の図でいうと2の選手です。

セーフティ

ファストブレイクを出されないために、1人は確実にセーフティの位置を取ります。上の図でいうと1の選手です。

セーフティには優先順位があり、

  1. ゴールを守る
  2. ボールを守る
  3. 人を守る

その優先順位の1番高い、【ゴールを守る】というのが、ここでのセーフティの役割です。

ディフェンスに取られたら

以上のように3つの役割に分かれてもオフェンスリバウンドはそう毎回取れるものではありません。ディフェンスにリバウンドを取られてしまったら、オフェンスだった選手は、またそれぞれの役割に分かれてディフェンスに移ります。それが先ほど上にあげた優先順位です。

  1. ゴールを守る
  2. ボールを守る
  3. 人を守る

1人は初めから戻っているセーフティがゴールを守ります。次にリバウンドのボールに1番近い選手が、ボールに対してプレッシャーをかけて、相手のオフェンスを遅らせます。残りの選手が、ボール以外の人を守り、オフェンスのテンポアップを許さないようにします。

ここで気をつけなければならないのは、決してギャンブル的な要素を含むディフェンスをしないということです。もしボールを奪えなければ、相手にイージーシュートを許してしまうばかりか、チームの士気も下がります。非常にリスクの高いプレーになるので、避けなければなりません。

役に立つ決まり事

オフェンスリバウンドを獲得する確率をあげ、その後のディフェンスのリスクを下げるためのチームとしての決まり事をいくつか紹介します。

ボールサイドポストを見る

ボールサイドのポストマンにボールが入るなら、基本的にはいれるという約束事です。逆を返せば、入らないときは打ってもいいという、

  1. ポストフィード
  2. スリーポイント

という優先順位を作っておくということです。ポストマンがポジションを取れているのに、アウトサイドシュートを打つということは、その後のオフェンスリバウンド時にはポストマンはディフェンスに対して、外側にいることになるので、オフェンスリバウンドが取りづらいポジションになります。ポストに入るときは入れてあげる、入らなかったらオフェンスリバウンドに参加するという形で役割をはっきりさせることは大切です。

逆サイドコーナーは飛び込む

オフェンスリバウンド時に多いのが、逆サイドのコーナーのオフェンスがボールウォッチャーになってしまうということです。コーナーの重要性は以前にも聞いにした通りですが、リバウンドを取られてしまった時にコーナーにステイしているということは、その後のディフェンストランジションにおいて、もっとも不利な場所に位置することになり、簡単にアウトナンバーが作られてしまいます。ですので、必ず逆サイドコーナーの選手はオフェンスリバウンドへ飛び込み、取れなかったとしても、ボールに絡みながらディフェンスに戻るということを徹底させます。

コーナー
【理解すると世界が変わる】コーナーポジションの重要性!スリーポイント全盛の時代の中、コーナーポジションの重要性は現代のバスケットにおいて、長らく注目されてきました。コーナー3という言葉が注目を浴び、コーナーにも3秒ルールを設けた方が良いのではないかという議論さえもありました。 もはや戦略上においてリング周りを巡る攻防の次の最優先課題と言っても良いほど、どのカテゴリーにおいても、コーナーポジションの試合に与える影響力が大きいです。 なぜコーナーがこれほどまでも重要視されるのか?スリーポイントを打つことだけに有利なのか?決してそうではありません。今一度確認をしてみたいと思います。...

オフボールスクリーンでミスマッチを作る

シュータープレイなどを行う際に意図的に逆サイドにサイズミスマッチが起きるようにプレイをデザインすると、セカンドチャンスが生まれやすくなります。ボールサイドにスピードミスマッチ、逆サイドにサイズのミスマッチが発生しているとオフェンスリバウンドはかなり取りやすいです。

エレベータースクリーン
【何で成功しない?】スクリーンプレーの全てスクリーンプレーは現代バスケットボールにおいて、必ず必要になる必須スキルです。様々なトレンドの変化はあっても、プレー中のどこかに必ずスクリーンプレーが絡んでいることがほとんどです。しかし、具体的な角度やセットの仕方など、細かい点に渡って意識されていることは少ないです。 スクリーンは成功すれば大きなチャンスやズレを生むものですが、選手同士の距離が近くなるので、不用意な意味のないスクリーンプレーはフロアのスペーシングを悪くし、攻撃を停滞させてしまいます。 スクリーンの種類やその意味などしっかりと理解をして、チームオフェンスに有効活用してください。...

ピックアンドロール後はオフェンスリバウンドのチャンス

ピックアンドロール後にスクリーナーのオフェンスリバウンド参加が非常に大事です。ピックアンドロールを行い、ズレやアウトナンバーが瞬間的に発生した後は、ディフェンスもボックスアウトが非常に難しい状況になっています。

ボールハンドラーがペネトレイトして、ビックマンに対して、フィニッシュをした場合、例えタフショットになったとしても、逆サイドはハンドラーディフェンスとスクリーナーでミスマッチになっているはずです。そこでしっかりリバウンドを拾って、チャンスにつなげることが非常に重要です。逆にステイしてしまい、アフタースクリーンの動きがなければ、それはBadスクリーンです。

スクリーン ピックアンドロール
【ただの壁?】GOODスクリーンとBADスクリーンの違い【ピックアンドロール】 https://bbfuturelabo.net/2020/02/17/screen/ ピックアンドロールと聞...

https://twitter.com/coachk_k/status/1242979156503056384

リムランの徹底

ファストブレイク時にセンターがしっかりとゴール下まで走れるかどうか、リムランできるかどうかというのは非常に重要です。ファストブレイクで多少強引にタフショットになっても、フォローに来てくれるリバウンダーがいれば、安心して、フィニッシュまでいけます。また、ディフェンスの陣形も崩れているので、ボックスアウトもしにくく、飛び込みリバウンドも十分狙えます。

【速攻はどう作る?】センターのトランジションでの役割激しいディフェンスの後のファストブレイクのシチュエーション。どのチームも必ず得点につなげたいところです。しかし、速攻を出したはいいものの、組織的な連動したオフェンスが展開できず、結局セットオフェンスになってしまった。フロアバランスが保てず、ターンオーバーに。というようなチームはありませんか?ガードやウイングプレイヤーは何となく役割が決まっているので、動きも理解しやすいですが、ファストブレイクから確実に得点をするには4番・5番の選手の動きが極めて重要です。...

下の動画は福岡第一のスティーブ選手ですが、献身的なプレーでリムランの需要性をよく教えてくれるナイスプレーです。

https://twitter.com/coachk_k/status/1237684258195398656

まとめ

オフェンスリバウンドはリスクマネジメントをした上で、戦略的に狙うものだということが理解していただけたでしょうか。オフェンスリバウンドを奪うことは価値が非常に高く、大きなプレーとなります。

是非、チームの戦略として取り入れてみてください。

ABOUT ME
Coach K
Coach K
中学校・高校教員◆Basketball coach◆JBA公認D級コーチ◆JBA公認C級審判員◆保健体育科◆ICT◆iPad活用◆トレーニング◆筋トレ◆教育改革◆YouTube◆教員の働き方改革◆SDGs◆NIKE